2010年03月10日

<企業買収脱税>公認会計士起訴 東京地検(毎日新聞)

 人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)の企業買収を巡る脱税事件で、東京地検特捜部は3日、買収を仲介した投資会社「コリンシアンパートナーズ」(東京都港区)元社長で公認会計士、中村(旧姓・中沢)秀夫容疑者(52)を法人税法違反で起訴した。

 起訴状によると、中村被告は08年4月期のコ社の所得約64億5400万円を隠し、法人税約19億3600万円を免れたとされる。【岩佐淳士】

【関連ニュース】
犯人隠避:3容疑者を逮捕 GWGの企業買収巡る脱税で
GWG買収:韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検
旧GWG:企業買収の仲介脱税事件 公認会計士逮捕へ
インサイダー取引:GWG子会社元会長に実刑判決
GWG買収仲介脱税:脱税容疑、会計士を逮捕−−東京地検

予防接種法「遅くても5年で抜本改正」−足立政務官(医療介護CBニュース)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
ハプスブルク家の栄華 神戸でオーストリア大宮殿展始まる(産経新聞)
新人看護職員への研修、23都道府県で実施予定−厚労省(医療介護CBニュース)
<子宮頸がん>ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え(毎日新聞)
posted by チン ハルキチ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

気象庁が謝罪「津波予測は過大だった」(スポーツ報知)

 南米チリの大地震(マグニチュード8・8)による日本の津波で、気象庁は1日午前10時15分に、東北太平洋側や高知県に出していた注意報を全面解除した。気象庁地震津波監視課の関田康雄課長は記者会見で、三陸沿岸に大津波警報(予想最大津波3メートル)を出したことなどについて「予測が過大だった」と謝罪した。

 同庁は海外での津波観測データやシミュレーション結果を検討し、三陸の津波を予想。関田課長は「警報が長時間続いて、不便をかけたことをおわびしたい」と述べた。ただ、最悪のケースを想定した結果で「現時点で判断ミスがあったとは考えていない」と強調した。

 津波により、三陸沿岸はカキなどの養殖用いかだが漂流するなどの被害を受けた。岩手県陸前高田市の広田湾漁協小友支所は、被害総額が少なくとも2億8000万円に上ると試算している。

 また、チリのバチェレ大統領は2月28日、地震の死者が708人に達したことを明らかにし、今後も犠牲者数は増加するとの見通しを示した。

 同国中部ではスーパーなどで略奪が相次いでいる。政府は同日、震源地に近い中部主要都市コンセプシオンに夜間外出禁止令を発令。治安維持に全力を挙げている。

 一方、日本の鳩山首相は1日、被災者支援のため、現地に医療チームを派遣する方針を明かした。チームは自衛隊中心になる見込み。

 【関連記事】
マグニチュード 太平洋側 三陸沿岸 を調べる

<ひき逃げ>タクシーに引きずられ男性重傷 運転手を逮捕(毎日新聞)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足−京大(時事通信)
反対決議「自然な流れ」=谷垣氏(時事通信)
北教組事件 小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
沖縄返還時「密約」、米銀行に無利子預金口座(読売新聞)
posted by チン ハルキチ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)

 警視庁が東京都や東京入国管理局と連絡会議を作り、入国管理局に虚偽の申請をして外国人の不法就労や偽装結婚に加担する行政書士の監視を強化している。事件への関与が疑われながら、出入国管理法違反容疑などで立件できなかった行政書士は少なくない。このため帳簿の不備について行政書士法違反容疑で摘発し、懲戒処分権限を持つ都に違法情報を通報して、業務停止に追い込む方針だ。【町田徳丈】

 警視庁は06年以降、不法就労を手助けしたとして、少なくとも5人の行政書士を入管法違反容疑などで逮捕している。だが捜査幹部によると「虚偽申請の疑いが強い行政書士は他にもいたが、本人が『虚偽とは知らなかった』と容疑を否認したため、立件を見送らざるを得なかった事案もかなりある」という。

 そこで警視庁が力を入れているのは行政書士法違反での摘発だ。同法は依頼者の住所や氏名、報酬額などを帳簿に残すよう定めているが、虚偽申請への関与が疑われる行政書士は帳簿を保存していないケースが多いことに着目。罰金100万円以下の罰則がある同法を積極的に適用したうえで、違反情報を都に通報し、業務停止(2年以内)などの懲戒処分につなげ「社会的制裁を与えたい」(捜査幹部)考えだ。

 警視庁は2月、都内の行政書士(59)を行政書士法違反容疑で書類送検した。この行政書士は08年1月〜09年9月、複数のブローカーから計百数十万円の報酬を受け取り、日本人男性と偽装結婚した韓国人女性の在留資格の変更手続きを約20件代行していた。警視庁は入管法違反のほう助容疑での立件を検討したが、行政書士は「偽装結婚とは知らなかった」と主張した。このため帳簿が不備だったことに注目し、行政書士法違反で摘発した。

 警視庁は09年11月にも別の行政書士を行政書士法違反で書類送検し、同法違反での摘発を強化している。

 一方、日本行政書士会連合会によると、会員からは「行政書士法違反容疑での立件はやり過ぎ」という意見も出ているという。連合会は「指導を徹底したい」と話している。

 ◇「塀の上歩いてる」

 東京・池袋や新宿歌舞伎町で売られる中国人や台湾人向けの新聞には行政書士の広告が目立つ。「黒転白(特別在留許可)」「不法滞在的結婚手続」など、違法行為をにおわせる言葉が並んでいる。

 「黒転白」は日本に滞在する中国人の間で3〜4年前に使われ始めた俗語で「違法状態のものを合法にする」という意味。不法残留の中国人が偽装結婚で在留資格を得る意味も持つという。「黒転白」と掲載していた東京都内の行政書士は「文面は中国人スタッフが書いた。広告としてインパクトがあるらしい。すべてが違法ではない」と説明した。

 都内の別の行政書士は、中国人の会社経営者から「仕事があるからうちの傘下に入れ」と誘われた。「こちらは金になるし、そちらも仕事が増えるからいいじゃないか」。行政書士は違法な手続きを代行させられる予感がして断ったという。

 取材に応じた複数の行政書士は「中国人に雇われている行政書士がいると聞く」と証言する。過当競争や不況で仕事量がここ数年で3割減った事務所もあり、安定した収入を求めるあまり虚偽申請に加担するのだという。

 日本語が分かる外国人なら入国管理局への申請手続きは本人でも可能だ。ある行政書士は「本人が申請せず行政書士に頼む外国人は後ろめたい理由があるか、ブラックな案件」と話し「いつ悪徳ブローカーに取り込まれるか分からない。仲間とは『我々は塀の上を歩いているんだ』とよく話している」と明かした。【前谷宏】

【関連ニュース】
不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴
集団密航助長:元NPO理事長に逆転無罪…ほう助のみ有罪
強制退去:違法とクルド人兄妹が名古屋入国管理局を提訴
集団密航助長:「密航を助長」逆転無罪 元NPO理事長、ほう助のみ有罪−−東京高裁
偽装結婚:県警、5人逮捕 婚姻意思なく届け出容疑 /茨城

安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災−水戸簡裁(時事通信)
チリ巨大地震 津波の高さ 測定方法は?(産経新聞)
賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)
中2自殺 市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
女子中学生自殺で緊急会議 都教委、今年度中に全教員の研修を実施(産経新聞)
posted by チン ハルキチ at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。