2010年03月24日

2010年03月19日

事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)

 政府は17日午前、与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会を開き、今国会へ提出予定の労働者派遣法改正案について、社民、国民新両党の修正要求を受け入れ、現行法で禁止されている派遣先企業による「事前面接」の解禁を見送ることを正式決定した。

 基本政策委では、菅直人副総理・財務相が、修正を求める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相や修正反対の長妻昭厚生労働相ら出席者の一任を取り付け、最終的に修正することを決めた。改正案は19日にも閣議決定される見通し。

 厚労省が労働政策審議会(厚労相の諮問機関、労政審)の答申を基にまとめた改正案は、雇用期間を定めない無期限雇用に限り、契約前に派遣先企業が事前面接することを新たに認めていた。ただ、社民、国民新両党が「企業が採用基準を厳しくする恐れがある」と削除を要求。厚労省側は「労使双方が参加する労政審の決定を見直すのは困難」と譲らず、政府・与党内の調整が難航していた。

 基本政策委後、福島氏は記者団に対し「事前面接の解禁は規制緩和で、規制強化の法律の中にあるのはおかしい。削除が認められてうれしい」と述べた。

【関連記事】
共産党が派遣法改正修正案 製造業派遣は全面禁止
派遣法改正、閣僚委の設置求める考え 社民・福島党首
「改正案要綱は妥当」 労政審が労働者派遣法で答申
製造業、登録型の原則禁止 派遣規制強化 
派遣法改正 働く機会を奪いかねない
20年後、日本はありますか?

<愛知3人殺傷>懲役22年確定へ 最高裁決定(毎日新聞)
首相、危うい「県外固執」 腹案は「徳之島」 米側、難色示す可能性(産経新聞)
テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)
<雑記帳>名曲「なごり雪」の記念碑 大分県JR津久見駅に(毎日新聞)
鳩山内閣16日で半年、参院選へ厳しい政権運営(読売新聞)
posted by チン ハルキチ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。